カテゴリ:think( 99 )
Deco
iidaのケータイ電話
言ってしまえば、iMac以降ずいぶん流行って見なくなっていたシースルーを、ここに来てだしてくるか!
という感じ。
吉岡徳仁氏、さすが。
中の基盤までデザインされていることで、見えてくる基盤が筐体デザインの装飾のようにも見えてくる。

もうひとつ、iida×ALESSIもおもしろい。
テクノロジーのメーカーと、テクノロジーと無縁のハウスウエアメーカーとのコラボ。
特に家電デザインは、大量生産品を象徴するような形をしてきて、そろそろ
人の心に近づいた意匠、人の心が豊かに感じられるものが求められているんじゃなかろうか。
これは本当に実物みてみないとわからないけど、マルセル・ワンダース氏のはなかなかぐっとくるかも。

自分ではなかなか表現できないので言うだけだけど、機能的な装飾に興味があって、
droogのラジエーターなんて、すばらしいアイデアだと思った。
植物をモチーフにした形状にすることで表面積が増えて、機能的にも単なるパイプより優れているわけで。


最近、つん詰まっているので、仕事でもなんでも、どんどん作りたいです。

最近、確信が持てなくて自分の意見を言うことを恐れてしまうことを恐れています。
[PR]
by tsuru-turu | 2010-11-13 02:00 | think
持久走

b0054720_1193117.jpg

先週は学生時代の友人のバンドをオオイさんと初めて観に行きました。
ライブって実は行ったことがなくて、ただ、行ってみたいのもあって、
今後いろいろ行ってみたいです。ギター、超気持ち良さそうだなと思います。

後半は女性ボーカルとウクレレとキーボードを迎えていて、ボーカルの人が
話すときも歌声のようで、素敵でした。よくあんなにスムーズに歌に移行できるなぁ。
彼らがコピーしていた、ハンバートハンバート、ファンになりそうです。


最近はまぁ、しごともいろいろ忙しく、急速にいろんな人に会ったり、作業したり、
色々学ばせてもらっています。
10月22日から一週間、ドイツ、ケルンに行くことになりました。

パソコンでふいに前手がけた店舗だったり、展示什器の写真だったり、
設計部メンバーの写真なんかでてくると、無性にあのころに戻りたい気持ちにも。
小ロットもの、一品もの、造作と、量産品との作り方の違いも分かってきた。
でも、作り方が先行して、アイデアの出し方を忘れないようにしようと、心に誓ったのでした。

みんな一緒になって、フラットに、いろんな刺激を受け、与えながら、
できたらなんていいんだろうと思います。


今日は急遽幹事を仰せつかった飲み会があるので行ってきます。
飛び込み参加されたい方は、心斎橋3番出口、ルイヴィトン前に
6時40分に集合してください。
ウソです。
[PR]
by tsuru-turu | 2010-09-04 11:09 | think
特盛り丼
b0054720_2304731.jpg

寮は坂道の多い町の高い所にあるので、中庭にでると、タレルの部屋のように
気持ちのいい環境になります。鳥が近くを飛んでいったり、のどかで、4年前と同じ、
関西に戻ってきたんだなぁとしみじみ。

自分にとって、この3年はとても大きかった。

しごとでは今回、店舗空間からオフィス家具と、考えることが環境から物へ移りました。
対象も変われば、環境も価値観もスピードも違う。
一度離れてみれば見えることって多いのね。
忘れることも多いけど。

場所も、東京から大阪へ移りました。
都市にしても、周りにいる人にしても、生活の基盤が変わるのはすごく大きい。
まるで違う人生のモードみたいだ。

色んなことをやってみて、これからいかに自分の中で融合させられるかかなと思います。
仕事だけではなく、将来的に自分をどういう姿に持って行くかを考える。

ここ最近、日曜に雨が多くて、出不精もあいまってなかなか外にでていないです。
大阪も3年ぶりに歩く。やはり狭いところに凝縮された印象。

こてこてローカル文化の特盛り丼。

情熱大陸 吉岡徳仁
[PR]
by tsuru-turu | 2010-07-10 23:21 | think
一度、捨てる

この前の日曜日はいい天気だったので、自転車でえど川まで行きました。
往復25kmの千葉街道はなかなか爽快。途中、見つけた神社に寄ってみたら、
意外にも境内が広く、しかも桜満開+桜じゅうたん。
もうとっくに散ってしまったと思ってました。

その前の日曜日は江橋、阿部夫妻と仲間たちの花見にこっそり参加して、
二子玉川まで行ってきました。


ところでしごとでは、今落ち着かないのは、5月から、事業会社をまたいで、
異動になりました。自分で手をあげて飛び込みました。
入社して丸3年。3年の間とは思えないほど色んなプロジェクトやしごとを
できて、視野も、ものから空間まで広がったと思います。
それはすごくいい経験だったのはもちろんですが、
なんとなく自分に、世の中に通用する軸がないように思いました。
やはり製品づくりというものを経験してみたいと思って。
まぁ、何がどうなるか分かりませんが、会社の状況の後押しもあって、
自分にとってはこれは機会かなと。

それで結局、また大阪に行くことになったのです。
せっかく関東にでてきていたので、ちょっと名残惜しいのもありますが、
心機一転、頑張ってみようと思います。


MITメディアラボのニコラス・ネグロポンテ氏が、

“日本人は積み上げたり改善したりするのは得意だが、
そちらばかりに注力していると新しいことができない。
一度、今までの成果を捨てて新しいことを考えることが、
イノベーションにとって重要だ”

と言っていました。
[PR]
by tsuru-turu | 2010-04-14 02:18 | think
iPadについてそんな気がすること。
b0054720_23385961.gif

もちろん、注目はしていました。
この製品は、webブラウジングを“少しだけ”素敵にしてくれる
プロダクトなんでしょう。少しだけ。
やはり革命的なのはiPhoneのときだった。
Flashに対応していないのは、どうも解せない。

正直、手先の器用な日本人にとっては、iPhoneでいいんでは?
モバイルするにはiPhoneのほうがいいでしょう。
最も重要なポイントは、紹介ビデオでも触れているように、
人間が機械にあわせるのではなく、機械を、UIを人間に
あわせるというスタイルの変化か。

もうひとつのキーワード、電子書籍については、やっぱり読書家が
増えるような気がします。
僕もこれなら小説なんか読んでみたい。けど、実は本が苦手な人は読書
の時間を作ること自体が苦手なような気もします。
いつぞやの新聞に毎日書籍をスキャンしている作業場の様子が映っていたなぁ。

しかし、パーソナルコンピュータという概念が生まれる前に、アラン・ケイが
描いた理想図(上)そのままが実現したのだから、やはり少しだけ、素敵なのでしょう。


こちらは人間が自然のスタイルにあわせている様子。
[PR]
by tsuru-turu | 2010-02-04 23:58 | think
ネットワークのビッグバン -Bit Big-Bang
ネットワーク企業の総本山Googleが、少し前からテレビCMをやってますよね。
Appleに似ている雰囲気がなくもない感じの。
面白いと思って。
世界中のあらゆる情報を収集するという目的をかかげて、地球から街、
書籍まで、ありとあらゆる“文化の電子化と共有”を実行している。
まさに新しい文化体系です。
僕も意識しないうちに使っていて、なんとなくの信頼感と、なんとなく、
なくてはならない気すらしてしまいます。
(ストリートビュー制作にかかったであろう莫大は予算と収益計画はどうなってるのか?)

一方向、双方向という意味では旧メディアともいえるテレビでCMを
流すんだから、単にGoogleサイトのためだけではないような気がします。

ネットワークの世界だけではなく、我々の生活に入り込んだ
事業展開が見えているんじゃないか。

そもそも、ネットワーク自体が、ビッグバンのように、
ケーブル網から解放されて、環境に溶け込み始めている。


ネットワークの中の企業だったGoogleが、モノに、生活の中に向かうのかと。

よく考えると、そもそもテレビも、ネットも、多くは広告で成り立っていて、
結局はメディアというものも、突き詰めて行くと、単純なモノのやりとりの
上に成立してるんだろうなぁと思う。

そうそう人間、かわりませんね。


最後にこの記事をどうぞ

さて、銀色のシーズンですね。雪山に行きたく思います。
[PR]
by tsuru-turu | 2010-01-12 22:11 | think
ファイリング Information and Knowledge
b0054720_10221826.jpg
一週間くらい前から年末モードに入り始め、昨日仕事納めにしました。
デスク周りを片付けたんですが、仕事で使っていた資料が膨大で、整理。

結果から言うと、ボックス2つ分を空にすることに成功。
自分の場合、案件ごとにフォルダをひとつ作って、ボックスに入れていたんですが、
自動でpdfにしてくれる複合機を使った電子化を含めて実行。

そういえば、同期で、ファイリングのソリューションを開発しようとしている人が
いるなあと思い起こしながら。

Continue reading
[PR]
by tsuru-turu | 2009-12-26 11:00 | think
装飾 decorative
デザインが工業的な機能を美しく見せることを始めてから早90年。
次なる文化を生み出す動きに興味がありますが、この作品は少し面白いなと思った。
下手すると下手物になってしまいそうだが、こんな風に、中身の機能とは直接的には乖離した
形状の価値(装飾)が与えられている。
正直、ここまでいくとかっこいい。

よく考えてみると、豪華な弁当箱と同じだ。

形態は機能に従う必要などなく、なにかのシーンで、機能と装飾が意識下で一致すればいい。
例えば、部屋に置かれたパソコンは、プロダクトとして空間から切り離される必要はなく、
空間に飾られているとも言える。
こういう発見は、仕事柄、モノから空間まで相手するようになった影響もあるのかも。

こんなものも。
[PR]
by tsuru-turu | 2009-09-15 00:11 | think
アフォーダンス Affordance
b0054720_21471966.jpg

定期的に出る住んでいるところの晩ご飯で、この、微妙にたれた感じが
文字以上に、いつもアフォードされるのは僕だけでしょうか。
たまらない感じがします。

最近は、自分自身の現状が色んなことにおいて
中途半端のように感じてしまっています。

.
[PR]
by tsuru-turu | 2009-09-07 21:59 | think
大阪2デイズ -Osaka Locality
b0054720_145424.jpg

昨日、今日と土日で、大阪は岸和田、堺へ行ってきました。
目的は二つあって、ひとつは、学部時代の同期の結婚式へ。
すばらしい式でした。おめでとう。
ひさびさに、他の同期とも会えました。

More
[PR]
by tsuru-turu | 2009-07-27 00:31 | think