エクスペリエンスデザイン
ユーザーエクスペリエンスデザイン.
今うちの研究室でマクロエルゴノミクスに次ぐ流行語です.僕の理解では、ユーザーの体験をデザインする.そのままですね笑.今まではモノ1つ1つをデザイナーがデザインし、最後に組み合わせてシステムを完成させていたわけです.例えば、駅の建築設計は建築家が、駅のエスカレータはある電機メーカー、改札機はまた別のメーカー、それらを組み合わせて”駅”というシステムが完成するわけです.だからユーザはバラバラのコンセプトを持ったモノを通っていくわけで、そのひずみから問題が発生するのかもしれない (以前、京都駅を調査した際、感じました).

エクスペリエンスデザインは、デザイン対象をもっと巨視的に見て、ユーザーの快適な体験をデザインしましょうってことだと理解してます.それぞれのメーカー、開発者が協調して、コンセプトを統一するだけでもずいぶん違うかもしれません.これはもっと個人的に実践できることで、ちょっと視野を広げるだけでいいというステキな考え方だと思います.

実際、既に誰でも気づかない内に実践しているかもしれません.誰かの特別な日のために、ステキなレストランを探して予約したり、プレゼントを買ってプレゼント用に梱包してもらったり・・相手の人はステキな一日を送れるという体験ができるわけです.
下は、IBMが展開する、パッケージから製品、使用まで考慮した、プレゼントを開ける時のわくわく感を体験できるエクスペリエンスデザイン.
b0054720_1915911.gif
[PR]
# by tsuru-turu | 2004-10-31 19:18 | think
カーデザイン
右上の顔にもなってるaudiのコンセプトカー.映画「i , robot」のために、急ピッチで開発されたらしい.映画行って(期待しすぎたのか、ストーリーはさておき)、・・かっこええ!ゴロゴロゴロ!未来の車はクランクなんてぎゅいっって曲がれちゃうわけです.
お隣の研究室ではカーデザイナーをめざす人もいますが、車のデザインって曲面の理解が一番大切らしい.自分のスケッチした車をどの角度から見ると曲面がどのように見えるか理解できること.やっぱカーデザイナーって単純にデザイナーの花形ですね!
美しい曲面体を見るだけで、胸と右脳がきゅってなっちゃいます(笑)

車の絵を描いてるととても楽しい(落書き程度ですが).でもぼくはプロダクトを目指してがんばっていきます.b0054720_19362663.jpg
[PR]
# by tsuru-turu | 2004-10-30 02:59 | think
デザインの種?
・・・・まわりがブログブームです.HPを作ろう作ろうと言い続けて約2年.
簡単にHPみたいなものができるってんで、流れに乗ってやってみようと!

ここでは、デザインの概念を幅広くとらえて、気づいたこと、考えたこと、
作ったものなどなど、ログを残していこうと思います.

ブログのしくみもよく分からないまま始まった見切り発車.さて、何書こかな.
[PR]
# by tsuru-turu | 2004-10-30 01:53 | interest